色白になる方法とは ~美白になるための具体的な6つの方法~

私も少し地黒なんです


iroguro私も少し「地黒」なので、日焼け止めはかかせません。

美白美人目指したいのであれば
まず最初に「美容液」、「クリーム」、「化粧水」の基礎化粧品を揃えたほうがいいです。

メイク方法しだいで美白にみせれる方法もあります。

色白にみせたいからといって白い色のファンデーションを買えばいいのではなくて
肌色に一番近いファンデーション選ぶのが綺麗にみえます。

店員さんと相談しながら、店員さんにメイクしてもらうとわかりますが

メイク方法しだいで色白にみせる方法もあります。
二種類のファンデーションを使い自然な色をだしたり
チークで明るくして色白にみえるようにみせたりとかですね。

眉毛の形を整えてもらって眉毛をつくり

・美白美容液
・美白クリーム
・美白化粧水
・日焼け止め
・リキッドファンデーション
・ファンデーション
・コンシーラー

と基礎をしっかり整えてアイシャドウは派手にならないように
アイラインははっきりラインかいてビューラーでまつげあげてマスカラで仕上げ

大事なのは「顔と首の色に差がない」ことです。
根本的に肌を白くしたいのであれば
全身に美白効果のある美容グッズもありですが
多少の地黒なら基礎化粧品とメイク方法で色白にみえるようになると思われます。

私も美白色白美人に憧れていままで色々な化粧品を試してきました。

仕事場の近くに、資生堂化粧品の店がありましたので
店員さんとよく相談して、おすすめの化粧品を試してきましたが
日焼け止めクリーム」は一年中欠かせないアイテムだと思います。

美白美容液も様々ですが気に入った化粧水を長く使うと徐々に効果がでてきますよ。

・美容液
・美容クリーム
・化粧水

基礎化粧品が一番大切でまだお若いのでナチュラルメイクもいいかもしれませんね。

自然な肌色に少し色をのせて
顔全体が明るくみえる感じでファンデーション選ぶと、顔の印象がかわりますし目力あげると明るくてはっきりしたクールな印象を与えます。

基礎がしっかりしていると肌が綺麗にみえますし目をしっかりかくと目に気をとられて
顔全体が明るくみえてるなら「色白美人」みたいにみえます。

化粧品マジックですがメイク方法しだいで印象がかわりますよ!!
尚、日焼け止めだけはしっかりと一年中使いましょう。

余談ですが地黒は健康的にみえて個人的には「好き」なんですけどね。
私は昔は色白に憧れましたが、いまは少し小麦色も悪くないかなって思います。

どうしても色白美人になりたいなら
基礎化粧品をしっかり選んでファンデーションの色を間違えなかったら大丈夫です。

初めに自分の肌質を知る


hadasituまずは、自分の肌がどんなタイプなのかを知る事から始めるのが大切だと思います。

オデコや鼻の頭が油でテカテカする場合は「油性肌」、
頬やアゴなど口の周りがカサカサしているのなら「乾燥肌」、
どちらも当てはまるのなら「混合肌」、
季節の変わり目や肌に何かクリームなどを塗るとピリピリしたり、刺激を感じて荒れると言う場合は、「敏感肌」の可能性が高いです。

大人の女性ですと、「乾燥肌」に偏りがちな方が多いです。
肌タイプによって、スキンケア・メイク用品は変わって来ます。

最初はドラッグストアや薬局に行って、「テスター」を手の甲などにつけてみてピリピリしないか、香りは自分の好み(或いは、特に嫌な香りでは無いか)や、「テクスチャー」(サラッとした付け心地か、とろみが有る物か)などを確かめて、自分が気持ちいい心地良いと感じる物を選ばれると良いかもしれません。

そして家でスキンケアを始める時も、肘の裏側に少量付けてみて一日置き、次の日に塗った部分が赤くなっていたり痒みが無いかなどを確かめて問題が無ければ本格的なお手入れに入って下さい(これは「パッチテスト」と言います)スキンケアですと毎日お手入れする物ですから、幾ら口コミが良かったり値段が高くても、好きじゃない香りなどなら続ける事も出来なくなってしまいます。

・油性肌なら→さっぱりタイプ
・乾燥肌なら→しっとりタイプ
・敏感肌なら→低刺激

と書かれている物を探してみると良いでしょう。
そしてなるべく、「パラベン」と言う成分が入っていない物(『パラベンフリー』など表示して有ります)が良いでしょう。

美白になりたいのでしたら、「ホワイトニング効果」が有る物を。
美白の効果が有る物は、出来てしまったシミに効く物も有ります。

併用して体の中からも綺麗を目指す為に、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタやビタミンCなどが入った「ドリンク」も取る様にすると、効果が感じやすくなるかもしれません。
速攻性の物は、逆に刺激が強くリスクも高いので、低刺激の物を毎日洗顔後に丁寧に楽しみながら、そして自分の肌を慈しみながら優しく包み込む様にすると肌は必ず応えてくれます。

地道な努力に思えるかもしれませんが、何もしないより確実に健康的な「美肌」に近付いていきます。
ちょっとした良い変化に気付くともっとお手入れが楽しくなり、相乗効果で「表情」も明るくなります。

メイクをする以前に、肌の状態が安定していると、メイクのノリや発色などもかなり違って来るでしょう。
コンプレックスをメイクでひたすら隠すより、土台の肌を整え、自分に自信の有るパーツを目立たせて「ポジティブオーラ」を纏いましょう。

化粧品選びのコツ


kotu基礎化粧品を一から揃えようとしても、いきなりカンペキに揃えるのは難しいですよね。

そこで「選び方のコツ」を少々。

肌のお手入れを順番に考えていくと、メイクを落として、洗顔料で顔を洗い、化粧水で潤して、乳液や保湿液で潤いにフタをし、昼間なら日焼け止めを塗る、という工程が考えられます。

自分の肌の状態を考えて、例えば「美白」を最優先したいとか、「ニキビ」で悩んでいるとか、個人差はあると思いますが、化粧品は大概、一つのブランドやシリーズをライン使いすることで効果を発揮するように設計されています。
ですので、慣れないうちは一つのラインで揃える方が無難です。

例えば美白したいけどニキビが気になる、という方は、美白化粧品のラインにニキビ用の薬をプラスするとか、ニキビ対策のラインに美白効果のある美容液をプラスするとか、ライン使いを崩さずに、プラスワンのケアをすることをオススメします。
メイク落としは肌に負担をかけない処方で出来ているものを使いたいものです。

最近では「オイルタイプ」で、濡れた手でもお風呂で使えるタイプが人気です。
クリームタイプは毛穴が詰まって肌がくすんだり、ニキビの原因になるものもあるようですので注意が必要です。


【洗顔料】


洗顔料はクリームタイプやパウダータイプ、固形石けんなど多種多様ですが、感想肌の人は皮脂を取りすぎないもの、脂性の人はニキビ対策の効果があるものを選んでみてはいかがでしょうか。

良い洗顔料は洗った後肌が一段明るくなり、それだけで美白効果があるので、洗い上がりの肌をチェックして見ると良いでしょう。


【化粧品】


化粧品はしっかり潤してくれて、たっぷり使える値段のものを選びます。
いくら高品質でも、高くて少ししか使えないのでは、ローションパックも出来ません。

また使い心地の好みで「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」を選びがちですが、本当に自分の肌に合うのはどのような効果のある化粧水なのか、よく考えてからの購入を勧めます。


【乳液・保湿液】


乳液や保湿液ですが、よく化粧水だけで肌のお手入れを終わりにしてしまう人がいますが、それは大きな間違いです。

化粧水で与えた水分を乳液や保湿液で「フタ」をして閉じ込めないと、化粧水が蒸発する時に肌の水分まで奪ってしまうので、必ず乳液や保湿液を使って下さい。
これも「乳液」状のものから「ジェル」状のもの、「クリームタイプ」などありますが、お肌の状態と相談して、べたつかず、ちょうど良い濃度と効果のあるものを選んで下さい。

最後に忘れがちな「日焼け止め」ですが、いくら美白化粧品を使っても、日焼け止めを使わなければ意味がありません。
美白は日焼け止めによっても左右されます。
ニキビにも悪影響を及ぼします。

日焼け止めも、「石けん」で落ちるものや専用クレンジングが必要なもの、美白などのスキンケア効果のあるものなど様々ですが、やみくもに日焼け止め効果が高いものを選ぶより「肌に優しいもの」を選びましょう。

基礎化粧品を揃える際は、有名ブランドや外資系の華やかなイメージや、美容部員さんの押しに惑わされることなく、出来れば「サンプル」で試してから揃えると良いでしょう。

落ち着いて選べる通販がオススメです。
美白化粧品は今の主流ですが、継続して使ってこそ効果があります。

始めは選ぶのが難しいかもしれませんが、ネットの口コミなども参考にしながら、「色白美人」を目指して頑張って下さいね!

はじめての化粧品選び


erabi


【スキンケア編】


基本となるのは、肌のお手入れ「スキンケア」になります。

自分の肌質に合わせたスキンケア製品を探しましょう。
といっても、どれを選んで良いのかわからないというアナタ、「なりたい肌」の目的に合わせた基礎化粧品を、複数メーカーの化粧品を取り扱っているコスメショップやドラッグストアで相談してみるのがよいと思います。
複数メーカーを扱っているので、特定メーカーだけオススメすることがありません。

複数メーカーの各商品を比較しながら、各メーカー各商品の特徴や売りを、公平な視点でアドバイスしていただけると思います。
特に「美白」を望む貴女には、美白に特化した成分を使っている商品をアドバイスしてもらいましょう。

美白をめざすためには、日頃から紫外線対策も必須になりますので、たとえ冬場であっても、一年中、紫外線対策を意識して、下地クリームにも「UVカット」のものを使うようにしていきましょう。
余談ですが、美白対策として、「ビューティー系サプリメント」を摂取するのもオススメです。

美肌にも効果の期待できる成分のひとつに「 プラセンター 」があります。



もともとは医療機関で、筋肉の疲労回復を高めたり、ホルモンバランスを整えたりと、メディカルな面で使われていたものですが(プラセンター注射など)、プラセンターが肌をキレイにしたり美白効果があるというデータがあり、一般的な「サプリメント」として市販されるようになりました。
化粧品ではありませんが、こうしたものを採り入れてみるのも良いですね。


【メイクアップ編】


はじめての「メイクアップ」商品・・・
これもまた、種類が多すぎて何をどう選んでよいのか迷いますよね。
特に社会人になるので初めてメイクアップをするという貴女。
スキンケア編での基礎化粧品で、「メイクのり」の良い肌に整えていくことを日課にしていくことが大切です。

はじめてメイクアップをする貴女にオススメなのは・・・
いま話題の「 ミネラルパウダー化粧品 」!



その名のとおり、肌にやさしく負担のないミネラル成分をパウダー状にしたもの。
素顔に近い仕上がりで、カバーすべき役割はしっかりしています。

専用のブラシを使って、軽く回すようにしながらパウダーを顔全体に馴染ませていきます。
いかにもメイクアップしました的な顔になりませんので、「自然な仕上がり感」は、他人から見ても好感がもてます。

チークカラーやアイシャドーもミネラルパウダーが市販されていますので、トータルで使うと全体的な仕上がりバランスがキレイですよ。
口紅も、ミネラルパウダーで出しているメーカーがありますが、色の種類が少ないので、口紅は一般的なもので、自分に合う色をさがしてみましょう。

メイクアップ初心者には「ピンク」系か、「オレンジ」系をオススメします。
ローズ系やレッド系は華やかですがインパクト強くなってしまいます。
ベージュ系やブラウン系は上手に使うと個性的で魅力的になりますが、使い方を間違うと不健康な印象に成りかねません。
ベージュ系やブラウン系はメイクアップ「上級者向け」と解釈したほうがよろしいかと思います。

さて、美白希望の新社会人の貴女に、私なりにアドバイスは、少しはご参考になっていただけましたでしょうか?

いろいろな種類の化粧品を試そう


tamesu皆さんこんにちわ!

今年も暑い日が続いていますが夏休みを満喫していますか?

今年初めて働く女の子達も多いと思います。

学生時代からよく「メイク」をしていた人にも、ほとんど経験が無くてどんな「化粧品」を買ったら良いか分からないって人にも!
読んで損はさせない情報を書いちゃいます☆

化粧をするに当たって大事なのは「」ですよね!そこでまずは「スキンケア用品」について書いていきますね。
ケアしてくれると言っても、万人の肌に合うなどそうそうないのです。
乾燥肌」だったり、「オイリー肌」だったりと千差万別だからです。
ある程度自分の肌の状態を把握出来たらいくつか試供品を試してみて選ぶ事が望ましいです。

近くのドラッグストアなどでサンプルがない場合は、「@cosme」等の便利なサイトもあるので使ってみるのも手だと思いますよ。
同じ肌状態の人口コミを見るのも参考になります。
また、毛穴の汚れや肌のざらつきを感じたら、「ピーリングジェル」を使ってみるのがオススメです☆角質が気持ち良くとれて目に見えるので気分もスッキリしますよ(笑)



因みに私は、「 ハローキティ アップルゴマージュ 」がオススメです!

次に「化粧品」です。
BBクリーム、ファンデーション、マスカラ、グロスetcと色々ありますが自分の使ってみたいものや予算内で試し買いしてみるのが一番だとは思います。
けどそんなに幾つも買う余裕なんてなかなかないし、試供品も何だか少ないですよね(笑)

そんな時に私は奥の手を使います!

①フリーマーケットで激安購入
②友達や姉妹から借りるor共同(笑)

①地元でやってるフリーマーケットでは少ないですが、ネットでのフリマならほぼ「未使用」だったりする状態で売られている事があります。
ショッピーズあたりがオススメですね♪

②は、ちょっと「厚かましい感じ」もするからあまりやらないですけど(笑)
友達や姉妹にメイクをやり込んでいるような娘が居れば借りたりするどころか、おこぼれもあるかも?!
ねだってみたりはしてないですが私は実際にありました(笑)
当時まだほとんどメイク初心者だった私にはもったいないリキッドアイライナー…。

②が出来る環境にある方は、上記で書いたような身近でメイクに詳しい娘にオススメを聞くのが一番良いかも♪同い年だとお財布状況も大差ないはず!

最後に「メイクの仕方」…
これもたくさんあるんですが、年々変わっていってるんです!
なので自分が憧れるスタイルの系統雑誌を色々見比べてみるだけでも凄くためになります。

時々「モデルさんのメイク術」も載ってるので必見ですよ☆

もうそろそろページが…。
私はこの辺で失礼致します。
貴女のお役に立てたなら光栄です♪



最終更新日: 2017年09月22日