歯を白くする為の方法と注意点

歯を白くする方法としては最近はホワイトニングバーなども存在しますが軽に行うことが出来る自宅で出来るホワイトニングケアの方法もあります。

 

最も簡単な方法はホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉を使用する事です。

大半の歯磨き粉には研磨剤と呼ばれる歯の表面の着色汚れを除去する成分が配合されています。

 

近頃はそれにプラスして汚れを浮かせて落とすといった補助成分が含まれていて歯磨きをすることで徐々に白い歯を目指すことが出来ます。

ちなみにホワイトニング専用の歯磨き粉に配合されている成分としては重曹、ポリリン酸などが一般的です。即効性はありませんが継続して続けることで効果が期待できます。

 

その他にも歯の消しゴムが販売されていて、これは歯磨き粉に配合されている研磨成分を凝縮したモノです。

掃除の際に使用するメラミンスポンジを思い浮かべると分かりやすいと思います。

 

大体1週間に1度くらいの頻度で歯の消しゴムを使用して歯の黄ばみを落として下さい。

あとは塗るだけで手軽に歯を白くすることが出来るホワイトニングペンが存在します。

 

携帯できて歯の黄ばみが気になった時にすぐケアをすることが出来ますが、効果の持続が短いので根本的な解決方法とは言えません。

 

確実に歯の黄ばみを改善する為には歯のクリーニングを専門に行っている歯医者に行くことをお勧めします。

お金はかかりますがこれが一番歯が白くなると言うことが出来ます。

 

その他にもラミネートベニアという歯の表面部分を削ってネイルチップを貼り付ける治療法もあります。

黄ばみを落とす際の注意点としては自宅でケアする方法は製品の中には研磨性が強く歯、歯茎を傷つけてしまうモノもあるので使用する場合は注意しなくてはいけません。

 

あと重要なポイントとして着色する食品は日頃から避けることです。

特にホワイトニング直後48時間以内は着色しやすいのでカレー、コーヒーなどは控えて下さい。