化粧品選びのコツ ~落とす、洗う、潤す、防ぐ。

kotu基礎化粧品を一から揃えようとしても、いきなりカンペキに揃えるのは難しいですよね。

 

そこで「選び方のコツ」を少々。

 

肌のお手入れを順番に考えていくと、メイクを落として、洗顔料で顔を洗い、化粧水で潤して、乳液や保湿液で潤いにフタをし、昼間なら日焼け止めを塗る、という工程が考えられます。

 

自分の肌の状態を考えて、例えば「美白」を最優先したいとか、「ニキビ」で悩んでいるとか、個人差はあると思いますが、化粧品は大概、一つのブランドやシリーズをライン使いすることで効果を発揮するように設計されています。

ですので、慣れないうちは一つのラインで揃える方が無難です。

 

例えば美白したいけどニキビが気になる、という方は、美白化粧品のラインにニキビ用の薬をプラスするとか、ニキビ対策のラインに美白効果のある美容液をプラスするとか、ライン使いを崩さずに、プラスワンのケアをすることをオススメします。
メイク落としは肌に負担をかけない処方で出来ているものを使いたいものです。

 

最近では「オイルタイプ」で、濡れた手でもお風呂で使えるタイプが人気のようです。

クリームタイプは毛穴が詰まって肌がくすんだり、ニキビの原因になるものもあるようですので注意が必要です。

 

 

【洗顔料】

 

 

洗顔料はクリームタイプやパウダータイプ、固形石けんなど多種多様ですが、感想肌の人は皮脂を取りすぎないもの、脂性の人はニキビ対策の効果があるものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

良い洗顔料は洗った後肌が一段明るくなり、それだけで美白効果があるので、洗い上がりの肌をチェックして見ると良いでしょう。

 

 

【化粧品】

 

 

化粧品はしっかり潤してくれて、たっぷり使える値段のものを選びます。

いくら高品質でも、高くて少ししか使えないのでは、ローションパックも出来ません。

 

また使い心地の好みで「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」を選びがちですが、本当に自分の肌に合うのはどのような効果のある化粧水なのか、よく考えてからの購入を勧めます。

 

 

【乳液・保湿液】

 

 

乳液や保湿液ですが、よく化粧水だけで肌のお手入れを終わりにしてしまう人がいますが、それは大きな間違いです。

 

化粧水で与えた水分を乳液や保湿液で「フタ」をして閉じ込めないと、化粧水が蒸発する時に肌の水分まで奪ってしまうので、必ず乳液や保湿液を使って下さい。

これも「乳液」状のものから「ジェル」状のもの、「クリームタイプ」などありますが、お肌の状態と相談して、べたつかず、ちょうど良い濃度と効果のあるものを選んで下さい。

 

最後に忘れがちな「日焼け止め」ですが、いくら美白化粧品を使っても、日焼け止めを使わなければ意味がありません。

美白は日焼け止めによっても左右されます。

ニキビにも悪影響を及ぼします。

 

日焼け止めも、「石けん」で落ちるものや専用クレンジングが必要なもの、美白などのスキンケア効果のあるものなど様々ですが、やみくもに日焼け止め効果が高いものを選ぶより「肌に優しいもの」を選びましょう。

 

基礎化粧品を揃える際は、有名ブランドや外資系の華やかなイメージや、美容部員さんの押しに惑わされることなく、出来れば「サンプル」で試してから揃えると良いでしょう。

 

落ち着いて選べる通販がオススメです。
美白化粧品は今の主流ですが、継続して使ってこそ効果があります。

 

始めは選ぶのが難しいかもしれませんが、ネットの口コミなども参考にしながら、「色白美人」を目指して頑張って下さいね!